スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デッサン力

01 08, 2010 | Posted in お絵描き・その他

0 Comments
etc_kyoshitu02.jpg
木製のパズルを描いた鉛筆デッサンです。
黒い輪っかを外しましょうっていうものです。
まぁそれはいいとして、タイトルについて。

デッサン力(りょく)って言葉、ご存知でしょうか?

鉛筆やら木炭やらで上手に絵が描ける力、ではありません。
デッサン力を養えば、どんな絵でも描けるようになります。
まぁミソなのは「描ける」ではなく「描けるようになる」というところですが。

結論から言ってしまいますと、デッサン力とは、「物を観る力」です。

観察眼を養うことが、デッサンの目的と言っても、過言ではないというわけです。
鉛筆画が得意とか水彩は苦手とか、そういうのは単に、道具に熟練しているかどうかという話で、観えなければ、そもそも描けません。
そして逆に、観えていれば、何度失敗しようとも、そのうち描けるのです。

高いデッサン力を身につけた人は、何も描いていない真っ白な画面に、描き上がった絵が見えるようになります。
モチーフ(描く対象物)の写真をべったり貼り付けたみたいなものが見えてるだけ、というのとは全然違います。
そもそも3次元のものを平面に描こうとする時点で、見たままとは違う操作を余儀なくされるわけですし。

また、完成画だけでなく、そこに至るまでの描き手順も見えます。
しかしまぁ、本当に極めてしまっている人には不要なことですが。

ピカソは言ったそうです。
絵なんて、頭に見えるままをそのままなぞって、画面を端から塗りつぶしていけば描けるものだと。
真偽のほどは定かではありませんが、とんでもないことですね。
僕などでは遠く及びません、、

デッサン力が高まっていくと、眼からウロコが落ちた感じというか、物が観えるとはこういうことかと改めて知る機会があるかと思います。
その瞬間は、結構感動的ですよ。

絵画を学ばれている方々には、ぜひ「物を観る力を養う」ことを念頭に、描かれますようお勧めします。

 
関連記事


- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
カテゴリ
検索フォーム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。